犬のしつけと家族のキモチ

犬のしつけは家族として一緒に生活する上で大切なキズナです

ぽちの日記

犬とドライブ

2016/10/04

a295414e615be13a47bc7ff9b6712589_s

我が家の犬はドライブが大好きでした。年をとってからはあまり車に乗りたがりませんが、家族が出かける時は必ず玄関まで付いていき「どこまで行こうか!!」と屈伸しながら近づいてきます。

特に父と母に懐いているので、二人が揃って出かけた日は1日玄関で待ち続けていました。ここだけ聞くと忠犬ですが、母だけ出かけた日は、母の物を片っ端から噛みちぎっていたので何とも言い難いものがあります。

少し脱線しましたが、ドライブの話に戻ります。
まず、ドライブは好きな子と嫌いな子がいます。人の様に酔ってしまう子もいるので、一概にどの犬・猫も愉しめるものではありません。また、新しい環境に対して恐怖を感じやすい子もいるので、まずは慣れさせる事から始めましょう。

車に乗ると楽しいことが起こることを理解させます。
始めて車に乗る時は、初めての経験に戸惑う子も多いので、よくよくほめてあげてください。おやつを上げるのもいいです。

車に乗ったら、ドライブボックスや犬用シートベルトなど犬の規定位置を決めて下さい。
どちらも嫌う子は床に伏せるか、後部座席に座らせる(その際隣に人間も乗る)ようにして、運転中運転手の邪魔をしないようにしてます。(助手席に乗る子もいますが、運転手の邪魔をさせないことが絶対条件です)

後部座席に座ると、外を覗きたがる子がいます。
身を乗り出して走行中に落ちたり、隣接車に迷惑をかけないよう注意してください。
※我が家は一度信号停止中に身を乗り出して、窓から落っこちた事があります…びっくりしてスグに戻ってくれたので良かったですが、驚きのあまり車から遠くへ走っていたら。またこれが走行中だったらと考えると恐怖です。

遠出する際は、こまめな休憩を。
近場へのお出かけでも、目的地でしっかり休憩して帰るようにしてください。

車移動は病院へ行く際に必要なものです。車=病院となってしまわないよう車は楽しいところへ行けるものと教えてあげてくださいね。

-ぽちの日記