犬のしつけと家族のキモチ

犬のしつけは家族として一緒に生活する上で大切なキズナです

ぽちの日記

犬と猫

2016/10/21

cf71b6e8fe0e0e025ff7c92d3d1c927f_s

犬と猫の大きな違いは性格的な特徴もありますが
シルエットの豊富さにあると私は考えます。

猫は基本的に耳の大きさ、形、目・鼻・口の配置や形状が同じです。
もちろん、種類によって様々な違いがありますが「猫の絵を描いて!」と言われたら、多くの人が同じ形の猫を描くでしょう。

では犬の場合どうでしょうか。
柴犬の様に、耳が立ちあがって鼻の出ている犬種もあれば、パグのように鼻ペチャの垂れ耳の小型犬。はたまた101匹わんちゃんで有名なダルメシアンはぶち模様が特徴的です。
アフガンハウンドという犬種は、細くてとても身長も高く、毛もとても長いです。

犬の絵を描こうとすると、鼻が高い・低い、背の高さから目の雰囲気まで様々。猫を想像した場合と犬を想像した場合では、犬のイメージの方が他者と一致させるのが難しいでしょう。

ただそういった側面もあるためか、見た目の良しあしで
犬を向える人がいまだにたくさんいます。
シベリアンハスキーブーム、チワワ、トイプードル…

見た目を優先して犬の適正環境を理解せず迎え、挙句に手に負えないと手放す人。わんちゃんは散歩がつきものなので、手間と感じる部分が多いように思います。
ネコもロシアンブルーやマンチカンなどがブームになりますね。猫を飼ったことがないので、詳しくはわかりませんがきっと猫たちもブームで飼われ、飽きたら手放すといったモノ感覚で飼う人もいるのでしょう。

どうか犬や猫に限らず生き物を迎える時は
向こう10年共にする家族が増える責任を理解して向えてください。

-ぽちの日記