犬のしつけと家族のキモチ

犬のしつけは家族として一緒に生活する上で大切なキズナです

ぽちの日記

犬と寝床

2016/10/06

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_s

犬がやってきた日、寝床はなく仮住まいとして段ボールにブランケットとバスタオルを敷いた簡易ベットを与えました。
その夜、祖母の布団で一緒に寝たので特に利用されなかったベットでした。

翌日、母はドッグフードから犬の食器から、必要な備品を買い集めて来ました。
その中にあったのが犬用ベットです。
子犬には大きすぎるくらいでしたが、ベットの中で丸くなって寝る様は猫のようで何ともいえず可愛らしかったです。

綺麗だったベットも2カ月ほどでボロボロに。そうです噛むのと、ベットに穴を掘ろうとする行為とで少しぼろっとした感じに。しかしベットを破壊したいようではなく、無茶はするけど寝る時は必ずそこに戻って丸くなって・・・なんだかんだで愛着は湧いたようです。

1年2年経つとベットから完全にはみ出して、寝ている内にベットから体の半分が外に出ている状態に。大きくなってまったく収まらない状態になっても寝る時は戻る。しかし5年も使っていると流石にクッション性が皆無のただの枠に。
犬自身も愛着があって離れられないようなので、新しく一回り大きいベットの横に古いベットも残しておきました。
しばらくは小さいベットに収まったり新しいベットに収まったり落ち着かないようでしたが、2カ月ほどで大きなベットに引っ越したので、このタイミングで古いベットを処分しました。

相変わらず大きなベットでも体ははみ出していましたが(笑

-ぽちの日記