犬のしつけと家族のキモチ

犬のしつけは家族として一緒に生活する上で大切なキズナです

犬のしつけの基礎知識

どのような関係性を築くかがもっとも重要な入り口

2016/09/17

701be7b001766dd781ef40a51a075344_s
もともとウチの場合は息子が一方的に連れて帰り結果、飼うことになったので
ある意味、私にも心の準備がないまま衣食住を共にするようになりました。

なので私からしてみれば「未知との遭遇」でw
眠いのか、お腹がすいたのか、運動したいのか、トイレに行きたいのか…
全てにおいて?でした。
ただ息子いわく「それが間違いの始まり」だったようです。

わんちゃんは、自分の目で見える相手に対して行動で事故表現を繰り返すそうです。
そこでOKなのかNGなのかをカウントしています。

要するに、一般的に言う「しつけ」に反した事をしても指摘をされなければ
わんちゃんの中でOKと認識されます。認識されたあとで「しつけ」を行っても、その関係性に
主従関係が成立していないので言うことを聞かなくなります。

まず主従関係を明確にする為にも
「何が悪くて何が良いことか」こちらから指摘してあげます。
その関係をわんちゃんに認識してもらえればリーダーが誰なのか?をすぐ覚えてくれます。
そうすることで「リーダーからの指示」と認識してくれるようになります。

我が家では、その「しつけ」の際にペットボトルにあずきを入れた鳴り物を使いました。
わんちゃんが誤った事をすると、怒鳴りつけるのではなく目の前に座って耳元で
このペットボトルをガシャガシャガシャガシャ!と振ります。
おそらくイヤな音なので「◯◯をする⇒イヤな音を聞く」と数回ループさせると
自然とやめます。

そこを学習させると、次に新たに誤った行動をしようとしても、
そのペットボトルを持つだけでやめるようになります。

これは、わんちゃんと主従関係をしっかり築けているということになります。

-犬のしつけの基礎知識