犬のしつけと家族のキモチ

犬のしつけは家族として一緒に生活する上で大切なキズナです

犬のしつけの基礎知識

道具を活用した「しつけ」の紹介

2016/09/17

98058b9953317e858ed1293276c9b6e5_s
皆さん「チェーンカラー」という器具をご存知でしょうか?

一見、くさりで出来た首輪に見えるのですが一般的に使われている首輪とは違うので
日常的なお散歩などの時につけるものではありません。
ただ見た目や使用方法的に「虐待しているみたいだ!」とか「なんて痛々しいんだ!」と
一部だけを見てバッシングする方も実際には多くいらっしゃいます。

チェーンカラーとは、ワンちゃんに装備して誤った行動をしたら適切なショックを与える
言ってみればムチのような指導器具と私は認識しています。
実際に、介助犬トレーニング時にも多く採用されていますし普通の首輪だと急に走り出したり
した時、一部に集中して圧力がかかるのでワンちゃんの器官や首にスジを痛めることがありま
すが、このチェーンカラーは名前の通りチェーンで出来ていますので
急に引っ張られても力が分散しフラットな首輪より逆に安全で機能的です。

ですので、実際にはとてもワンちゃんの体に優しい道具であるのに、知識なく使用する
家族の間違いにより敬遠され良からぬ情報が多くネットなどにも出ています。

「しつけ」をおこなうタイミングでチェーンカラーを使いワンちゃんに
負の刺激を覚えさせます。

そうすることで、一旦立ち止まって考えてから行動するようになっていきます。
これはワンちゃんに過度なストレスを与えて暴力的支配をするのではなく、負の刺激を
受けることで一旦立ち止まり考えるクセがつくので、言ってみれば
ワンちゃんの集中力の向上に深く関係しています。

無計画に「おやつ」をご褒美として与えることでしつけをしてしまうと
ワンちゃんは学習するのではなく、反射的に良いか悪いかわからないまま覚えてしまうので
チェーンカラーのような器具を有効に活用しワンちゃんに自身の行動を、まず立ち止まって
考えさせる習慣を付けさせることが、とても大きな「しつけ」と言えるでしょう。

うちでは、1週間もかからないうちに
「無駄吠え」や「不必要な噛み癖」「飛びつき」「拾い食い」
などをしなくなりました。

-犬のしつけの基礎知識