犬のしつけと家族のキモチ

犬のしつけは家族として一緒に生活する上で大切なキズナです

犬のしつけの基礎知識

「ご褒美」と「おやつ」は違うと覚えましょう

2016/09/17

062f139e73b9db324e3ad500e0bdff10_s
よく、しつけの対象に「おやつ」を「ご褒美」としてあげているのをよく目にします。
その時は愛犬がとても喜んでいるように見えますし、例えばお座りなんかが上手に
できた後ですから、余計に飼い主は良いことをしている感になりがちです。

みなさん「パブロフの犬」という実験を知っていますでしょうか?
決まった時間に、決まったサイレンを鳴らしたり、決まったランプを点灯させてから
食事を与え続けると、次第にそのサイレンを聞いただけで犬はよだれを垂らし出します。
これを所謂「条件反射」と言います。

このように条件反射というメカニズムを使って愛犬とのコミュニケーションを
取るのは非常に危険なことだと言えます。もとより主従関係を持ったうえで
お互いの信頼関係を築くはずが「おやつ」を「ご褒美」にしてしまうと、
あなたに褒めてもらいたいのではなく、「おやつ」が欲しいから行う低俗な行動と
知らず知らずになってしまいます

愛犬をしつけている段階で、愛犬が上手に行うことができたら、
まず抱きしめてあげましょう。
おでこなどにそっと手を当てて、ゆっくり包み込むように抱きしめて「よく出来たね」と
語りかけてあげましょう。
そして、「ご褒美」は自分の主人が喜んで自分のことを褒めてくれる
ことだと覚えさせることが非常に重要です。

では「おやつ」は、どのように与えるのが良いのでしょうか?
それは緊張をほぐす材料として使ってみることから始めてみてください。
例えば、初めて行くドッグランで他のワンちゃんとの距離感がなかなか掴めない際など
少しだけ「おやつ」を与えて意識を一旦ズラしてあげましょう。
そうすることで、冷静に周りを見て自分の立ち位置が見えてきますので自分より小さな
ワンちゃんを無駄に追いかけたり、無駄吠えなどはしなくなります。

そして「おやつ」を与えてすぐ離れるのではなく、食べ終わっても少しだけ
行動を共にすることで、心が落ち着いてから一緒に行動したことを犬は記憶しますので
「おやつ」を与えるという行動にメリットが生まれます。

「ご褒美」と「おやつ」は違うと覚えましょう。

-犬のしつけの基礎知識