犬のしつけと家族のキモチ

犬のしつけは家族として一緒に生活する上で大切なキズナです

犬のしつけの基礎知識

最初の「しつけ」とは、この3つに限ります

2016/09/17

67dd52626b02c1d0766c85eaf0a15b05_s
そもそも「しつけ」とはなんなんでしょうか。

私自身が、前項でも説明したように動物とのコミュニケーションを取った経験が浅く
そもそも「息子が勝手に連れてきた感」が心のどっかにあったので、イマイチ
率先して色々としてはいませんでしたが息子に教わり理解を深めていきました。

まず「しつけ」とは、「お座り」「伏せ」「待て」の3つから始まります。
元々、犬は産まれて死ぬまでに初期学習期間と生涯学習期間と学んでいくタイミングが
分かれているので初期学習期間の間に教えないといけないのでは?と不安になる方もいますが
どのタイミングからでも特に問題はありません。

その中で、まず「お座り」を覚えさせます。
理由として「お座り」のポーズから急に別のポーズをするのは犬にとって
非常に難しいからです。
その難しいポーズを教育することで「リーダーからの指示」と
認識してもらい主従関係を築きます。
まずここからです。

この「お座り」のポーズを教えてあげ、それがストレスなく出来るようになると
またコミュニケーションの幅も広がりますので、次に「伏せ」を覚えさせてみましょう。
「お座り」をしている状態でコミュニケーションを取るとなると私達がしゃがんだり
座ったりと目線を下ろすといった行為が発生します。
この目線を下ろしたタイミングでおでこを撫でてあげ、ゆったりと「伏せ」を覚えさせます。
「伏せ」とは、お互いに今キモチが通っているんだよという認識確認の行動でもあるのです。

そして最後に「待て」です。
「お座り」や「伏せ」などは、どちらかというと私達「飼い主」と至近距離にいますが
「待て」は違います。

例えば公園で他の人にむやみにじゃれない。
外からの音に意味もなく吠えない。
散歩中に急に走ったりしない。
このような突発的な先読みしにくい行動に対してもしっかり制限をかけてあげれるように
なりますので知らない人に危害を加える事もありませんし、飛び出して交通事故になんて
ことも避けていけるようになります。

愛犬の命を守るとは、愛犬への適切な「しつけ」が非常に重要であり
また、そのことを主従関係を持ったうえでお互いの信頼に繋げることが人生を共にする
パートナーシップとも言えるのではないでしょうか。

まずは、ここがファーストステップです。

-犬のしつけの基礎知識